マナー研修はビジネスマンにとって社会人の始まりです

何故ビジネスにはマナーが必要なのか

ビジネスマナー研修で最初に教えておかなければならないのは、何故マナーが必要なのかということです。これが分からなければ、いくら動作を繰り返して教えても、時間と共に教えたことは忘れられてしまいます。マナー研修は、新入社員として入社後行われるのが一般的ですが、職場というところは、10代後半から60代まで50歳の年齢格差があるのです。若い人には常識でも、年輩者には非常識と思われることがたくさんあり、つまらないことで将来を棒に振ることを避けなければならないからです。

自分の姿を他人がどう見ているのかを知る機会

人生の中でマナー研修を受講できる機会は、そうあるものではありません。人によっては一度も受講したことのない人も多いのです。受講できた時はラッキーと思うことです。自分の姿を第三者が、どのように見ているのかを知る良いチャンスなのです。例えば、普段何気なく挨拶やお辞儀をしていますが、この動作を人はどのように見ているのか、考えてもみないでしょう。頭の下げ方が浅ければ、新米のくせに生意気なやつだと思われているかもしれません。これを教えてくれるのがマナー研修なのです。

名刺の出し方くらいというけれど

ビジネスマンは名刺入れから名刺を取り出して、相手に差し出します。この単純な動作に、マナー研修を受けた人と受けたことのない人の違いが出てくるものです。ビジネスマンにとって名刺は「自分の顔」でもあり「会社の看板」でもあります。片手で出す人、両手を揃えて出す人、立ち上がって受ける人、座ったまま片手で受け取る人、人によって様々です。しかし、挨拶とともに差し出す名刺の交換で、商談が始まっていることをマナー研修は教えてくれるのです。

社員研修を行う利点として、それぞれのスタッフの意見交換を活発に行えることや、仕事上の必要な知識を得られることが挙げられます。